HOT&COOL

小中学校が夏休みに入った途端、夏本番がやってきましたね~。連日の30℃超えで、日中庭に出るのはさすがにちょっと。。。
なので日没ギリギリの時間に夕涼みがてら。もちろん8月に見頃を迎えるユリも多々ありますが(カサブランカやヤマユリを代表とするオリエンタル系、そしてオニユリ&カノコユリがそうですね)とりあえず今シーズンはここらで一区切りってところですか。

まずは炎天下に咲き誇るユリに敬意を込めて。ピンクパレス

バラは、ローズうららの二番花。株自体はコンパクトですが、すっごい元気なコ。

アップで撮るには状態がイマイチなんだけど・・・まっ!暑いから許してぇ~ww
↑は、うちのカサブランカもどき。品種名不詳ですがカサブランカより花期が2週間近く早くて、しかも強健。労せずしてザックザック増えてます。真夏の純白種は、何にしても貴重です。

それからアスカ 
・・・すみません、なんやかんやで一番の見頃を撮り損ねてしまった・・・

ヘンリー

↓の手前の淡黄のユリはレベリエ

ヘンリーはオニユリやコオニユリと見た目ソックリ。但し花期はそれよりずっと早いです。しかもカノコユリ系らしく分球下手で、ほっとくと超高性に育ちます。レディーアリス。性質はヘンリーと一緒。花期はレディーアリスのほうがヘンリーより何日か早いです。夏の夕闇の心地よさ。庭中に立ち込める香りをお伝え出来ないのが残念。
ロイヤルサンセットの二番花と、遠景はピンクのブッドレア

朱色のバラはフリュイテの二番花。うらら同様、コンパクトなりに花付の良い優良品種。

で、ここから先はトロピカルエリア。
うわ・・・・改めてみるとユリ科大集合だな。。。この時期はとにかくへメロカリスがザックザクww

エキナセアとヒペリカム↑↓ 

クロコスミア ‘ルシファー’ と、キバナノコギリソウ

↓はへメロの八重じゃなくてヤブカンゾウ。斑入り葉の品種だけど、このエリア内ではそれどころじゃないらしい(笑)。
ちなみにこのエリアじゃなけどへメロの八重はこっち↓

へメロもクールなレモンイエローとかソフトカラーの上品なものもあって、それはそれでいいものですよ? オルトランさえあれば(ほら、あの白い虫対策ね)基本ホッタラカシで丈夫に育ちますし。

で、再びトロピカルエリアに戻りまして、黒軸黒葉のフロックスも花色が2種類。画像だと案外解りにくいけど、朱赤っぽいのとピンク味が強いヤツ。

陽射しと真向勝負するビタミンカラーは暑い夏であればこそ。

・・・・って言っても、庭全部がこうだと暑苦しいので、ここからは “涼”  な景色を。↑はジャックマニー系クレマのビクトリア。↓は例の如く品種不詳の西洋アジサイ。

↑は、雨に唄えば。 ↓は真っ白に咲いて咲き進むとうっすら水色になるヤツ。

↑は庭植えしてから初めて咲いた株なんだけど、あれ?スプラッシュ入ってる? って、そういえばうちの舞姫、遅れて咲いた花房の中のたったひとつだけ、わりかしちゃんと絞り入ってるのがあった。それが↓

・・・い、いやでも画像で見るとやっぱかなり微妙だな。。。

で、西洋アジサイの中でも遅咲きの部類に入るだろうオタフク。
別名:ウズアジサイ。最近ではおしゃれっぽく、 ‘ポップコーン’ ってタグがついてるみたいですね。でも・・・オタフクって名前、充分可愛いと思うんだけどな(笑)。

それからようやく御登場。ピラミッドアジサイことノリウツギ。ノリウツギも何種類かありますけど、品種によって花期が微妙にズレますね。↑は確かバニラストロベリーだったかサンデーフレーズだったか。品種名がうる覚えなのは当時欲していたのがダイヤモンドルージュだったせい・・・とはいえ今となってはこれで何の文句もありませんが(笑)。↑はブラッセルレース。矮性種のノリウツギで樹高&枝張幅は10年近く経っても共に120~130㎝位。花期はちょい遅めで、今ちょうど咲き始めたとこ。ちなみに水無月やライムライトはこれより更に遅くて、今ようやく蕾の出始め。

画像で見ると同じ様な花容だけど、実際はゼンゼン違うヤマアジサイ ‘富士の白滝’
いよいよ薄緑色に色づいてきました・・・ちょっとたまんないな、この感じ♪

色づいてきたといえば、これも。

ハマナスの実。見た目ほぼプチトマト。近隣には、お盆にこれを数珠繋ぎしてお供えする風習もあるそうで。ついでに↓はロサグラウカの実。

こちらも存在感が出てきましたね♪ 葉っぱが黄色いのは別に病気じゃありません。もしかしたら高温障害なのかもしれませんが、この時期には必ずこうなります。で、このあと葉っぱが全部黄色くなって落ちてしまいます。なのでここから10日~半月程はちょっとお見苦しくなるのですが、その後は鈴なりの実付き枝が庭の風景となって素敵なんですよ。葉っぱが全部落ちても生育には影響してないので、生理現象的なものとして捉えてます。ちなみに実のついていない(花が咲いていない新枝)の葉っぱは青々と特有のカラーリーフなままで、落ちません。

ついでのついでで、チョコベリー
栄養価が高いとは聞きましたが・・・うちではもっぱら観賞用もしくはクレマの支柱係(笑)

ピンクのショウマ

ソープワート 零れ種で増えるので庭中至るトコロで暮らしてます。

アストランティア。いよいよ宵闇迫ってきました。いそげいそげ。

フロックス。

パールピンクのガクアジサイとブッドレア・・・って、嗚呼もうだめ、タイムアウト。最後に↓は多分マレロ。また明日も朝から灼けるような陽射しでしょうけど、とりあえず今は静かにお休みなさい☆

あ、それと8月以降の【ティストウの庭】の自由散策をご希望のお客様は、予めTELにてご連絡下さいませ。(といってもお気軽にどうぞ♪) メンテ等の都合上、常時は入口ゲートにチェーンが掛かった状態になりますので、前触れなくいらっしゃっても庭には入れません。くれぐれもよろしくお願い致しますm(__)m

【ティストウの庭】
8月~10月は完全予約制となります。前日までにご連絡下さい。
TEL 090-9634-1759

入園料:お一人様  ¥200(小学生以下無料)
ティールーム(要予約)スイーツセット¥800

天野 ちと
あとりえティストウ管理人