真夏の庭って、

7月上旬にはどうなることかと思いましたけど、最近は過ごしやすい日が続いていますね。只今【ティストウの庭】では、二番花のバラが花盛りです。夏バラですから決して咲かせて自慢出来るたぐいのものではないのですが、まあ・・・・いっか(笑)。

この時期、『今は何が咲いてますか~?』とお問い合わせ頂くと、実は答えに詰まるんですよね・・・・・いえ、もちろん御覧のように、沢山咲いてることは咲いてるんです。バラも含めて。その他には・・・・えぇ~と、例えばユリ期は最終グループに入っていて、オリエンタル系が中心に。あとはオニユリとかカノコユリの仲間とか・・・・

でも何て言うか、夏以降の【ティストウの庭】は、徹底的に花殻摘みをしていた6~7月頃とは違って、かなりアバウト&ワイルドな感じになってまして、それはそれとしてお楽しみ頂ければよいのですが、輝くようなバラたちが庭いっぱいに咲き溢れていた最盛期と同じ光景を期待していらっしゃられると、ですね・・・・今は全体として大体こんな感じ。

そういう訳もありまして、8月以降、当庭の散策を希望なさる場合は、前日までのご連絡が必要になります。(といってもお気軽にどうぞ♪)
※ガーデン散策予約:090-9634-1759
予約が無い場合は入口ゲートにチェーンが掛かっていて、自由散策は出来ませんので、その旨、どうぞお気を付け下さいませ。

↑↓ エキナセア各種 

白いのはノリウツギ。それと西洋アジサイ。 当地での西洋アジサイは真夏の花です。

オリエンタル系  ‘スター・ギャザー’

‘セット・ポイント’

‘マンボ’

‘ショッキング’

‘ブラック・ビューティー’


↑の背景と↓のはムクゲ ‘ブルーバード’ クールなラベンダー色なので凄く涼やかです。矮性種とされてますが2M程度にはなります。

‘レディーアリス’

↑の濃いオレンジはオニユリ。で、↓のは黄カノコユリの ‘ヘンリー’  ガーデンプランツとしての違いを問われれば・・・・『微妙に、幾分・・・』としか(苦笑)ああ、それからついでに、中央はヤマユリですが、手前のはコオニユリ。(他はヘメロカリス)
オニユリとコオニユリの違いは・・・比べれば『小』であること、位ですね・・・・

オリエンタル系 ‘ソルボンヌ’ の後ろで実っているのは原種バラ ‘スピノシッシマ’の実。
で、その後ろにボケボケで写ってるのは、庭主が植えたはずのない ‘ウバユリ’   この方の場合、御本人の自由意志にて当庭に暮らしていまして、特に今年は庭のそこかしこで咲いてます(笑)。

もはや何が何だか・・・
ピエールドロンサールは一季咲。でも実際はこうして2番花、3番花くらいまでは咲きます。交配親から考えても当然なんですが、それが美しいか?と問われれば・・・・なので確かに『一季咲』ってことにしておいたほうがいいんだろうな、と。っと、まあ、こんな感じです♪ 去年はこれ以降のブログがプツと途切れちゃいましたが、今年は何とか続けたいなぁ~、とは・・・・・・でもどうでしょう? 出来る限り何とかしたいですけど、ね。。。

天野 ちと

あとりえティストウ管理人