タイガー アイズ

カテゴリー|

タイガーアイズ Tiger Eyes
作出:2006年/イギリス
樹形:半横張性シュラブ
花期:早咲・繰り返し
花径:中小輪
交配:Tigris × Baby Love

ペルシカ系なんて言ったらどう考えたって耐寒性が・・・と思って手をだしてなかった赤ブロッチ品種。なのに近所のホームセンターで売れ残ってるのを見かけて思わず(笑)。
小葉で細枝だったし、さほど期待もせずに見守ってたんですが・・・・数年経過でいい感じのシュラブを形成。これのおかげでアイズオンミーも庭にお迎え♪ やっぱ何事もトライあるのみだなww (なーんて言ってたんだけど、最下部に耐寒性について追記あり)
咲き始めの鮮やかな黄色は時間経過と共に薄れますが、赤ブロッチは結構しっかり残って、株全体を印象的に魅せてくれます。懸念していたクドさもなくて大変軽やか。

バラ タイガーアイズ Tiger Eyes
⇧は一番花の時だから芍薬(レッドチャーム)と御一緒。
⇩は2番花だか3番花で、相方はベルガモット(赤花は他の品種より早咲きなので)バラ タイガーアイズ Tiger Eyes

バラ タイガーアイズ Tiger Eyes

【追記:耐寒性について
2021年酷冬越えの春。やらかしました。まぁ、ゲンコツ剪定とまではいきませんでしたが、それでもかなり可哀そうな状態に・・・・秋頃までには何とか持ち直してましたが、うちより寒い地域で栽培なさる場合は冬囲い等の対策が望ましいかと思います。来季以降また頑張っておくれ。ちなみにこの時アイズオンミーはまったく全然大丈夫だった。ってことは同じペルシカ系でも耐寒性ラインには微妙な差異があるってことですね。(そんなん実証してどーする)