某HCの無名ツルバラ2種

カテゴリー|

記憶では確か『ミニチュア・クライミング』の、それぞれ(白)・(ピンク)とだけ記載されたタグで売られてたコたち。名前がないから素性のアタリもつけられないし、タグの顔写真もほぼほぼありきたりな感じだったので流石に当初は買う気まったくなかったんだけど。
売れ残って捨て値シールが貼られていた鉢に一輪だけ咲き残ってまして、素通りした瞬間「・・・・・・ん゛っ!?」と思いっきりな二度見。そして次の瞬間、掻っ攫うようにレジへと運んだのでした(笑)。

そういう訳ですのでうちではこのコたちを『コメリ1号』『コメリ2号』と仮名しております(をい…もう少しなんとか)

コメリ1号
樹形:半横張性シュラブ(2019年に買ったばかりなのでまだ観察中ではありますが)
花期:若干遅咲き・繰り返し
花径:小輪

昨年の夏頃買って、今年早速⇧⇩の姿って、ちょっと凄くね? もちろん生育旺盛なランブラー系なら有り得るでしょうが、このコ、ちゃんと四季咲きなんですよ。咲き始めから既に可愛い♪ んで咲き極まったら更にお見事☆彡当初はずっと欲しかったロイヤルエンブレムに酷似してると思ってたんです。が、そっちは小葉細枝で一季咲ということですから別モノみたいですね。でも私的にはこっちで大満足! 無名であったことがもどかしく感じてしまうぐらい素晴らしい品種だと思います。もしかしたらなんらかの大人の事情で銘を名乗れないバラなのかもしれません。昨秋植えつけたばっかりだったんですが、思うところあって2020秋再度移植。このコのポテンシャルの高さを最大限生かせるようなスペースを確保しました。

 

***************
コメリ2号
樹形:半横張性シュラブ(1号同様、2019年に買ったばかりなのでまだ観察中・・・・なんですけれども1号ほど旺盛ではないです。とはいえ大変健やかで標準以上の生育状況)
花期:中咲き・繰り返し
花径:小輪(1号よりひとまわり程大きいです)


なんだこの可愛さ・・・・・・苗に付いてたタグはバレリーナ安曇野の画像(しかも1輪アップの顔写真)を流用したようなのだったんだけど、全然違うじゃん!そして全然ステキじゃん! しかもいい感じのシュラブ樹形に育ちそうな案配だし♪ 来シーズン以降が大変楽しみです☆彡