アウグスタ ルイーゼ/コンテッサ

カテゴリー|

アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise
作出:1999年/タンタウ(独)
樹形:半直立性ブッシュ(高さ100~120㎝位)
花期:中咲・繰り返し
花径:大輪
備考:文豪ゲーテの文通相手の御婦人のお名前 枝変わり品種『コンテッサ』は色違い。

アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise

アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise背景の同色系小輪はコーネリア。白いのはロサオドラータアウグスタ ルイーゼ Augusta Luise

アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise⇧隣はコバノズイナ
アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise
⇧後ろとか⇩の隣にいる変なのは植えっ放しの球根花アリウム ‘シクラム’ 3球いるんだけど、毎年そのうちの1つか2つ咲く。全勝したことは未だない。そこがまたいい(笑)。アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise咲きながらみるみると盛り上がっていって(…?)最終的には巨大輪になる。アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise

アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise

アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise色合いのイメージ通りのピーチとかアプリコットとかそういうフルーティーな強香。すごく分かりやすいのでお客様にもよく嗅いでもらってます(笑)。アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise

アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise⇧は他に、クレアルネッサンスコーネリアサラバンフリート
同じエリアを反対方向から写したのが⇩アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise
⇧の満開のエゴの木からしな垂れてるのはロサオドラータ。黒葉はロサグラウカ
⇩の垂れてる穂はコバノズイナアウグスタ ルイーゼ Augusta Luise繰り返し咲きですが、花は相当小さくなりますね。多めにたっぷり追肥すれば違うかもしれませんが、この方の場合夏バテもするみたいなんで、あんまり余計なコトしたくない。。。
夏バテというのは、盛夏に葉っぱが黄色くなって落ちるヤツ。涼しくなると何事もなかったかのように元気になりますケド。ついでに以前は多少黒点病に罹り易かったかも。最近は株が大人になって耐候性を得た為か、もしくは単に気候のせいか、それらも見られず極めて健やかですwwアウグスタ ルイーゼ Augusta Luise決して花首が弱い訳じゃないけど、流石にこの形状で上向きに咲いてると雨に項垂れ気味にはなります。
アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise奥の白いのは棘ナシ野いばら。大型にはなりますが庭植えすると、これはこれで凄くイイ♪アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise⇩は引きですが、庭の中でのサイズ感が伝わればいいなぁ~と思って。なんとなく暖地ではもっと樹高を出せるタイプなんじゃ・・・って、でも暑がりだしな。どっちもどっちか。アウグスタ ルイーゼ Augusta Luise中咲なので周囲も賑やか。シルエットになってる手前のクレマはニコライルブツォフ。

**********************
コンテッサ Comtessa
作出2006年/タンタウ
コンテッサ Comtessa
枝変わりなので花形&樹形&生育はほぼ同じ。でも実際は、花のサイズ感が幾分小さい気がします。なんかこう・・・アウグスタルイーゼ特有の、咲きながらみるみると大きく湧き溢れてくるような迫力?伸びやかさみたいなものがあまり感じられないからかも。華やかさより、全体的にカチッとお行儀のいい雰囲気です。コンテッサ Comtessa
・・・って言ってもこうしてみると綺麗だな・・・(おい!)コンテッサ Comtessa