のぞみ

カテゴリー|

のぞみ
作出:1968年/小野寺透氏
樹形:つる(極細)2M以上
花期:遅咲・一季
花径:ごく小輪(バレリーナよりずっと小さい!)
交配:Fairy Princess × Sweet Fairy
備考:英国王立園芸協会の「アワード・オブ・ガーデン・メリット」を受賞した唯一の日本品種。

平和を願って命名されたバラ。由来となった逸話を知ると、切なさに泣きます。
のぞみ バラ↑↓の御伴は、クレマ(ビチセラ)のイングリット ビエンティコフ。のぞみ バラ但し今は移植してしまったのでこのコラボは観られませんが。移植理由は、のぞみちゃんを誘引してたライラックがカミキリムシにやられたせい。なので今はクラブアップル⇩の足元へ。出来ればクレマも連れていきたかったんだけど、そちらさんは移植出来ない方なのでそのまんま。のぞみ バラ庭の奥のほうで「きゃあ!ちょっとナニコレ!?可愛いぃーーー!」とかって悲鳴が聞こえたら、大抵ココ(笑)。実際チョーかわいい。うちでは『ちゃん』付けがデフォ♪のぞみ バラ家庭用アーチに誘引するなら丁度手頃なサイズ感。一季咲ですが、花殻摘みしなくていいし、秋にはこの花の数だけ小さな赤いヒップが実るし、小葉で極細枝性なので華奢なアイアン(スチール)アーチにはうってつけ。いかようにも誘引できる上に、つるをS字や横倒しにせず真っ直ぐ立てても上から下までまんべんなく咲かせることが出来ます。何なら下垂させてもまんま咲きます。但し夏以降は株元からシュートが地面すれすれの低い角度で放射状に伸びるので、これを一時避難させる工夫は必要になります。のぞみ バラちなみにこのコの子品種である安曇野との違いはそちらにて。