あずみの 安曇野

カテゴリー|

安曇野 あずみの
作出:1989年/小野寺透氏
樹形:半直立性シュラブ(つる扱いが妥当・自然樹形だと開花時は大きく開帳します)
花期:遅咲・一季
花径:小輪
交配:のぞみ×のぞみ

ベーサルシュートが上に向かって伸びるし、それが翌春までしっかり立っててくれるので、冬季に誘引するにしてもとっても楽なコ。つるを立てようが寝かせようが関係なく、上から下までキレイに咲きます。
バラ あずみの 安曇野

バラ あずみの 安曇野

バラ あずみの 安曇野樹形と花期は違いますが、花はバレリーナをそのまま濃くした感じです。バラ あずみの 安曇野
それとこれは私も意外だったんですが、自然樹形で開花時の優雅なアーチングは望めません。枝がしっかりとして固いので当然と言えば当然なんですが。御本人に任せて長い枝をそのまま立てておくと、開花時には根元から、もしくはサポートに結び付けた箇所から直線的にグニャッと折れるようにして倒れます・・・・って、言ってる意味伝わるかなぁ~? でも育ててる方なら心当たりあるんじゃないかと。基本的にはザックリ誘引でいけるコですが、そういう訳で小枝の先っぽはなるだけ遊ばせないほうが美しく仕上がります。バラ あずみの 安曇野
⇧のお相手はビンゴ メイディランド
親品種であるのぞみちゃんと比較すると・・・
のぞみちゃんは完全な細枝性で、紐のようなツル枝が、地を這うような低空飛行で四方八方にズルズル伸びていきます。(中には少し上向いて伸びるのもありますが基本的には超低空飛行)如何様な曲線も描ける、極しなやかなツルです。
対して安曇野のツル枝は標準的な太ささで、上方向に立ち上がって伸びていきます。なので懸崖仕立てなど特殊な仕立てでない限り、生育期に扱いやすいのは安曇野のほう。もちろん『開花期だけ美しい姿であれば花後のバラに美観は求めない!』というなら、シュートの出方なんて気にする必要無いんでしょうが。

それから、他品種ツルバラとのコラボを考えるなら安曇野。
花は小輪ですが前述の通り枝は標準的な太さがあり、葉の大きさも極端に小さくはないので、他品種と並植しても見劣りしないと思います。ボリュームも出ますし。
対してのぞみちゃんのほうは枝が極細であると共に、花も葉もミニバラのようなので、多品種バラとコラボさせるのは相当・・・・相手を厳選したほうが宜しいかと。少なくとも花色とか花容だけで組み合わせちゃうと、おそらくのぞみちゃんが貧相&不憫に見えてしまうと思います。単独でオベリスクに巻いたり、立ち木に這わせたり引っ掛けたり、或いは糸しだれ桜を模した仕立てを狙ったりしてその繊細さを十二分に生かす仕立てをおススメします。

また双品種をそれぞれフェンスや壁などに誘引した場合、安曇野は⇧のように面を覆い隠すことが出来ますが、のぞみちゃんは丁度アイアントレリスに施された曲線模様のように軽やかな線画風の仕上がりになるんじゃないかな。或いは細密画風。もちろん経年のうちに物凄い茂って面を覆い尽くす可能性もありますが、それでも多品種のツルバラとは一線を画す雰囲気になりそうな感じです。

樹の性質自体はどちらも強健で丈夫。一季咲ですが秋にはヒップが美しいことも共通。ちなみにうちには安曇野のヒップから自然発芽したコもいたりして♪
グダグダ長ったらしく書きましたが、結局のトコロ、とりあえず植えとけば何とでもなるコ達です(笑)。安心してお庭にお迎え下さいませww