ラデュレ

カテゴリー|

ラデュレ Ladurée
作出:2009年/ギヨー(仏)
樹形:横張性ブッシュ
花期:遅咲・返り咲き
花径:中大輪
備考:パリの老舗パティスリー「LADUREE」とのコラボレーションにて

ギヨーのバラって実は物凄い憧れがあって。うちにはラデュレとエリアーヌジレがいるんですが、ただ、どっちも初期生育の段階で手こずりまして(しかもフローランスデルアットルなんか原因不明の生育不良に陥ったし)新規にお迎えするにはどうしても二の足を踏んでしまいます。おそらく耐寒性が絡んでるんじゃないかと。実際メイアンにしろデルバールにしろフランスのバラって当地では結構ハズシます故。勿論ちゃんと育つものも多いですよ? もはや家族的な信頼で以って育てているフレンチローズも多数ありますし、当庭において最強健認定(!)されてる品種もフランス出だったりしますから。でも・・・・負け数もまた圧倒的なのは事実。見目麗しさに目が眩んでお迎えして、結果どんだけダメにしたか。。。だったら冬囲いすればいいって話だけど、少なくともイングリッシュローズを始めとするイギリスのバラとドイツのバラであれば、冬囲い無しでも充分にいけるんですよネ。。。(勿論その場合は寒冷地仕様の生育にはなりますが)ラデュレ Ladurée デルバール

とはいえ圧倒的なおしゃれ感と個性はフレンチローズの真髄。このラデュレもまた、特筆すべき色合いを魅せるバラ。画像でみるより茶系のコクがあって、アンティーク感が際立ってます。ラデュレ Ladurée デルバール⇧⇩薄ピンクはオクタビアヒル。ラデュレ同様、強香の遅咲き品種です。ラデュレ Ladurée デルバール

ラデュレ Ladurée デルバール

ラデュレ Ladurée デルバールそんな訳で本来はシュラブに育つらしいですが、うちではブッシュ止まり。でもそれはそれとして割り切ってます。こうして生き残ってんだから多くを望まないです。ともかくあなたは私の希望の光なの! お願いこのまま無事に育ってぇ~!!!

 

***********
追記
記録的暖冬だったが為に、ご機嫌でシーズンを迎えた年のベストショット。毎年こんな風に咲いてくんないかなあ・・・・でもそろそろ樹も成木と言えるほどになってるし、期待したいところなんですけどね。さてさて。