フィリス バイド

カテゴリー|

フィリスバイド Phyllis Bide
作出:1923年/イギリス
樹形:横張性シュラブ
花期:中咲・繰り返し
花径:小輪
交配: Perle d’Or × Gloire de Dijon

最盛期はホント夢見るような光景。
奔放な枝振り、細枝で小葉、何より時間経過を最大限に生かした花色のグラデーション。すべてが繊細で優美。けれど丈夫ですこやかな樹勢。庭を美しく愛らしく魅せるためのバラ。バラ フィリス バイド Phyllis Bide

バラ フィリス バイド Phyllis Bide

バラ フィリス バイド Phyllis Bideちと棘はうるさいですけどね。花殻摘みの時、よく引っ掛けてます。それで「あ、っつ・・・ゴ、ゴメン!」って謝ってます(力関係ww)バラ フィリス バイド Phyllis Bide

バラ フィリス バイド Phyllis Bide

バラ フィリス バイド Phyllis Bide一世を風靡したカクテルの親御さん。しかもうちで最も信頼してるクレールマタンの親でもある。そういうの知ると交配ってやってみたくなりますよね・・・・って、但しうちの場合は受粉させた花殻をそのまま摘み残しておくのが相当に至難の業だったりして(笑)。すべてのバラは咲き終わった瞬間、無意識&高速で摘み取られていくもんでさ(;^_^Aバラ フィリス バイド Phyllis Bide

バラ フィリス バイド Phyllis Bide


⇧は咲き終わりの頃。花弁が外側にカールしてカクタス咲っていうの?小輪のダリアっぽくなります。見る人によって好みが分かれるトコロかもしれませんが、これはこれで私はケッコー好き。儚く散りゆくモノの懸命な煌めき。