プチトリアノン 

カテゴリー|

プチトリアノン Petit Trianon
作出:2006年/メイアン(仏)
樹形:半直立性シュラブ(高さ150くらい)
花期:遅咲・繰り返し
花径:大輪
備考:マリーアントワネットが愛したとして有名な、ヴェルサイユ宮殿の庭園にある離宮の一つ。

比較的太枝性で伸長力があり、かつよく茂る強健種。
株のボリューム感や主幹の多さからシュラブローズにカテゴライズしましたが、生育期の樹形はブッシュそのもの。もしくは大型のフロリバンダっていえばいいのかな・・・・兎も角そんな感じ(…って、どんなだ)
花は大輪で房咲。多花性。枝振り自体は直立性なんですが、枝質が比較的しなやかな為、開花時は開帳気味に撓んで横幅のスペースを必要とします。長い花茎が倒れ込む感じが目に余る時は、目立たない程度のサポートをコソッといれることもあります。

またこのバラは秋咲きが秀逸。一番花は物量作戦を展開しますが、秋はハッと息を飲むような美形の一輪。バラ プチトリアノン Petit Trianon

バラ プチトリアノン Petit Trianon
一緒に写ってるモーブピンクはクレマのインテグリフォリアのアリョヌシッカ ・・・って舌噛みそ(笑)。クレマなのに絡む気がない、だからといって自分で立つ気もない、というかなり自由な方なので、毎年このバラの枝に何気に挟まって咲くのが定番。たまに挟まり損ねてアサッテのドッカでのたうってます(笑)。バラ プチトリアノン Petit Trianon⇩中央の赤いのは遅咲きのマイナーフェア 他にブルンネラ ‘ハドスペンクリーム’ とかアルケミラモリスとかスイセンノウとか。バラ プチトリアノン Petit Trianon

バラ プチトリアノン Petit Trianon
プチトリアノン自体は微香なんですが、近くに植えてる西洋バイカウツギ ‘ベルエトワール’ のおかげでこの周辺一帯は甘ぁ~い香りが立ち込めています。ベルエトワールはたった一輪咲いただけで、通りすがりの足が止まる程。そしてこの花が咲いたということは、間違いなく梅雨が来た!ということで・・・・バラ プチトリアノン Petit Trianon ベル エトワール

バラ プチトリアノン Petit Trianon ベル エトワールいやもう画像見てるだけで雨降ってきそ・・・・否。香ってきそうな感じですねwwバラ プチトリアノン Petit Trianon ベル エトワール

バラ プチトリアノン Petit Trianon ベル エトワール奥の赤いのはキング。これも梅雨の花。⇩は最早、私の眼にはびしょ濡れなバイアスでしか映らない・・・バラ プチトリアノン Petit Trianon ベル エトワール

バラ プチトリアノン Petit Trianon⇧は二株あるようにみえてますが一株です。開帳気味になるんでかなりのスペースを花で覆います。