ウィンチェスターキャセドラル/メアリーローズ

カテゴリー|

メアリーローズ Mary Rose
作出:1983年/オースチン(英)
樹形:シュラブ(樹高横幅共に120㎝くらい)
花期:早咲・繰り返し
花径:中大輪
交配 :Wife of Bath × The Miller
備考:『ウィンチェスターキャセドラル Winchester Cathedral』は枝変わり

野趣を残した初期のイングリッシュローズ。こんもりとキレイにまとまったシュラブ樹形。メアリーローズ Mary Rose⇧の左端はあやめ。あやめとジャーマンアイリスと旧枝クレマはバラ期直前から早咲きバラの頃。花菖蒲と新枝クレマは遅咲きバラの頃から。バラ中心に物事考えてるらしい(笑)。メアリーローズ Mary Rose

いい意味で田舎の庭によく似合うと思う。草花と混植してなんぼ♪って感じのおおらかさ。
もちろん花容そのものは優雅で繊細で、王道のアンティーク風。手前は早咲き種のヤナギラン。こっちもこっちで好き勝手な所で咲く方なので田舎の広い庭向きでしょうね。
メアリーローズ Mary Rose王道のピンクというか、ピンクの始点というか。メアリーローズ Mary Roseただ四季咲き性はありますが、気候や肥料の状況によって花はかなり影響されるタイプかも。そういう、ちょっとザックリした感じもまたコテージローズ風なのかな。
⇩の上空にいるのはロサ エグランテリアメアリーローズ Mary Rose

*************************
ウィンチェスターキャセドラル Winchester Cathedral
作出:1988年/オースチン(英)
備考:性質はメアリーローズとまったく同じ。時々、一枝もしくは花の一部分だけ元のピンクになってたりします。ウィンチェスターキャセドラル Winchester Cathedral

ウィンチェスターキャセドラル Winchester Cathedral⇧の左端からプラプラ出てるのはナツハゼ。画面下部の葉っぱがそう。ウィンチェスターキャセドラル Winchester Cathedral今でこそアンティーク風の白バラ(四季咲き)は沢山あるけど、庭を始めた10数年前はホントに少なかったです。でも未だにこの品種は好きですね。で、何故このバラに心惹かれるかを語ろうとすると・・・・って、あ゛ー・・・ポエマーになりそうなのでやっぱ止めときます(笑)。ウィンチェスターキャセドラル Winchester Cathedral⇩の奥は、クラウンプリンセスマルガリータの咲き始め。ウィンチェスターキャセドラル Winchester Cathedral
満開時はもちろん素晴らしいですが、実はこれくらいの頃の雰囲気が好き。ふんわりと咲いた大輪の初花と紅を刷いたまぁるい蕾の対比が◎です。樹姿のキレイさも感じますし。