クラウン プリンセス マルガリータ

カテゴリー|

クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta
作出:1999年/オースチン(英)
樹形:大型・半直立性シュラブ
花期:若干早咲・繰り返し
花径:中大輪
交配:実生 × Abraham Darby

大変信頼出来るイングリッシュローズ。強健で育てやすく、スペースに余裕があるなら是非おすすめ。棘少なめで扱いやすく、切り詰めてもいいし、誘引するのも楽。早咲きに分類しましたが、これだけ大量に咲くんで遅咲き品種が咲き始める頃までは栄華を極めてますwwクラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta
うちでは最低限の支えを株元に組んだ状態であとは御本人任せ。以前はドーム状に誘引してましたが、別にこっちが頑張らなくても、ほっとけば御本人が優雅にアーチングして咲いてくれるのにハタと気づきまして。ちとワイルド感もありますが、これが一番うちの庭らしい仕立て方。クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta⇧⇩の手前・濃いオレンジはレディー オブ シャーロットクラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta⇩は咲き始めの頃クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta
うちではクラウンプリンセスマルガリータが終わればバラ期後半突入って考えてます。
その頃になると⇧の画像の奥に控えている遅咲きのモン ジャルダン エ マ メゾンが出番です。クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta

クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta↑の奥・ピンクの塔はつる桜霞。あちら様は誘引しないと格好が出ない方。クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta
優しいアプリコットオレンジなので、どんな花色のバラとも調和しますクラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta
⇧の紫はラプソディインブルー。こちらも若干早咲き。クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta
⇧⇩は、ちと黄色みが強く映ってます。その年の天候にいくらか色味が影響されるみたいです。クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta

クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margaretaスペックのダイヤグラフが真ん丸になりそうな程、あらゆる点においてよく出来た品種。四季咲き性も強く、香りもいいし、シュートの出も申し分ありません。一緒に暮してて、お互い幸せでいられるバラです(笑)。クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta

クラウン プリンセス マルガリータ Crown Princess Margareta