カルト ブランシュ

カテゴリー|

カルト ブランシュ Carte Blanche
作出:1999年/メイアン(仏)
樹形:シュラブ(150×130位)
花期:若干遅咲・繰り返し
花径:中輪
交配 :(Bonica ’82 × Picasso) × Anne de Bretagne
備考:『白いカード』の意。切り花品種のカルトブランシュとは違います。

これぞ修景バラ、ってくらいに扱い易い品種。花期は雪が積もった小山みたいになります。但し、⇩の画像でみると端整なお顔立ちにみえますが(事実そうなんでしょうが)実際には白いかたまりみたいになるんで(言い方!)一輪一輪を愛でるような感じではないと思います。カルト ブランシュ Carte Blancheシュラブには分類しましたが、枝振りの感じは大型ブッシュ(フロリバンダ)っぽい感じになるので、心持ち樹丈が高くなりがちです。自立させるなら冬季剪定でガッツリいっちゃうことをおススメ。カルト ブランシュ Carte Blanche

カルト ブランシュ Carte Blanche満開の雪山が重たく見え始めたら、ホウキの柄を樹幹の間に差し入れて左右にユッサユッサ振ると、先に咲き終わった分だけが面白いくらいにゴソソソソソッ!と雪崩れ散って、とりあえずリセットされる。で、残りの分が全部咲き切ったら房茎ごと切り戻し。さすが修景。お手入れ楽チンwwカルト ブランシュ Carte Blancheいっぱい写ってますね。遅咲きに分類しましたが、咲きはじめは中咲の最盛期なので周辺も賑やかです。うち、早咲きはブルー フォー ユーロサ オドラータ。中咲はダイヤモンドジュビリーと今は亡きフローレンス デルアットル。カルトブランシュが『若干遅咲き』っていうのはこんな感じ。『遅めの中咲』でもいい。