ジャルダン ドゥ フランス

カテゴリー|

ジャルダン ドゥ フランス Jardins de France
作出:1998年/メイアン(仏)
樹形:ブッシュ
花期:中咲・繰り返し
花径:中輪
交配:Celine Delbard × Laura
備考:『フランスの庭』の意

特筆すべき発色。発光するようなコーラルピンクで、ガーデン内で一際目を惹きます。
ジャルダン ドゥ フランス Jardins de France分類としてはフロリバンダですが、生育がよいのでシュラブローズと並べて植えても見劣りしないくらい。⇧の奥はイングリッシュローズのワイフ オブ バースジャルダン ドゥ フランス Jardins de France

ジャルダン ドゥ フランス Jardins de France⇧の背景・赤バラはポールズ スカーレット クライマー ⇩はマリアテレジアジャルダン ドゥ フランス Jardins de France


中咲ですが花数がとにかく多いので遅咲き品種とも平気でコラボ。
フロントガーデンの手前とかで主役になる為にあるようなコです。さすがフレンチローズ。

 

【追記:耐寒性について
うちではこのジャルダンドゥフランスとのお付き合いは早20年近くになります。が、今の今まで明らかな凍害を被った覚えは一度もありませんでした。でした、が・・・・酷冬越えの2021年の春、ケッコー派手にやらかしました。撤収宣告を下すほどでは無かったにしろかなり可哀そうな状態に。秋ごろには何とか持ち直してましたけど、うちよりも極寒の地で栽培なさるとしたら、冬囲いはしたほうがいいのかもしれません。詳しくはカクテルをご参考に。
たださ・・・・なんとなく、このコにもうららと同じ状況があったかも?とは思ってます。つまり『古枝ほど凍害のダメージを被りやすい』かも?ってこと。とりあえず今回株全体が強制的に更新された状態なんで、しばらくは様子見ってところです(結局バラ本人に頑張ってもらうしか出来ないヒト)