マルゴ コスター

カテゴリー|

マルゴ コスター Margo Koster
作出:1931年~/オランダ
樹形:小型ブッシュ(高さ50㎝くらい)
花期:中咲・連続咲き
花径:小輪
備考:Tausendschonの枝変わりDick Koster(ローズピンク)の、更に枝変わり。しかも、後述以外にも沢山のバリエーションがあるみたい。挿し木もいけます。

小さいけど強健種。棘も殆どなくて、花壇の最前列で宿根草扱いしても大丈夫なバラ。多少の日陰なんかものともしません。回転が速いというか、シーズン中、ずっと咲いてるくらいな勢い。もはや連続開花状態で次々と蕾があがります。
マルゴ コスター Margo Kosterナニゲに個性的な色です。ちなみにこのコ、うちでは『ぽんぽこりん』が通り名ですww
・・・で、⇧右端手前の薄ピンクロゼッタはスヴニール ド ラ マルメゾン。こちらは耐寒性&耐病性に多大な問題を抱えた困ったちゃん。本来は1M程度のブッシュらしいけど、うちでは最早ミニバラ扱いで何も期待してない。たまにこうして咲いてたりするんだけども(苦笑)。

マルゴ コスター Margo Kosterちいさいくせにすっごく丈夫。うちのワッサワサな宿根草部隊にだって負けない。但し何しろコンパクトなので、見映えの観点から、寄せ植えみたいにして他とのボリュームを合わせてたりしてます。⇧のは2株。⇩のは一部しか映ってませんが3株まとめ植えしたホワイトディックコスター(別名シュネープリンセス) 奥のピンクは遠近法で同じぽんぽこりんに見えてますが実際は中大輪のアランティッチマーシュホワイト ディック コスター Dick Koster シュネープリンセス一株では⇩な感じ。マザーズデイ  ちなみにオレンジマザーズデイとかスイートマザーとかいうのも見かけたことがある。可愛かったな・・・・買っとけばよかったな・・・・ディック コスター Dick Kosterこれを引きでみると⇩の感じ。ディック コスター Dick Koster