スパニッシュ ビューティー

カテゴリー|

スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty
作出:1927年/スペイン
樹形:つる
花期:早咲・一季
花径:大輪
交配:Frau Karl Druschki × Chateau de Clos Vougeot
補記:別名『マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin』

うちで最も溺愛されているバラww ハイシーズンの訪れを告げるバラでもあります。一般的なツルバラとは一線を画する優雅さ。一季咲きというと残念がられますが、そうじゃないんです、このバラの美点はそういう次元じゃないんです!
スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelinまずは樹形・・・というか枝振りがね。いい感じに抜けてるんですよ。⇧の右側がピエールドロンサールなんで対照的なんですが、スパニッシュ ビューティーは、近年のつるばら品種のようにベーサルシュートをガンガンに出すようなコじゃない。葉っぱもモッサモサには茂らない。親譲りの気品ある樹姿で、生育はおとなしく感じる程にゆったり。だけど自由奔放でエレガント。可能であれば、御本人の意思を出来るだけ尊重する感じで最低限の必要箇所だけを誘引してあげたほうが、この方の持ち味を最大限に生かせるんじゃないかと思います。スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelinそして次に花容についてですが・・・・・
スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelinあーもー、なんて美貌なの! 親譲りの樹姿と言いましたが、この美貌もね。お顔立ちはまったく違うのに同じランクの美貌なんてちょっと素晴らしすぎて現実感さえない・・・って、え?どちらのお嬢様かって?・・・・それはネ、こちら様♪スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin

スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelinところでうちには二株あるんですが、何故か色の濃さが違います。薄いの⇧と、濃いの⇩
或る年ハタと気が付きました。一輪だけみるより全体でみると明らかに違います。ちなみにどちらも南向きの日当たり。どっちも素敵だとは思うけど・・・なんでだろう? 土? 個体差? それとも樹齢?(薄いほうはココに植えつけて10数年。濃いほうは多分10年以下)ベツクチで購入したことは確かです。当庭にいらっしゃるお客様の中にも「うちのは濃くて…」と仰る方がいらっしゃいましたし、ネット上で画像検索しても濃いのと薄いのが混在してるのが確認出来ました。ですがこのことについて言及してる方もいらっしゃらないので、理由は解かんないです。ちなみに⇩は薄いほう。スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin香りも◎ ティーとフルーツだとか。この時期はアトリエ玄関が香りたちます。スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin

スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin

スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin

スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin

スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin一斉開花タイプではありません。優雅に順番に咲いていきます。なので一季咲きですが花期が長い長い! 咲き初めはモッコウバラの頃、咲き終わりはピエールドロンサールのピーク期。そうして花弁一枚一枚ひらひらひっそり、儚げに美しく散り消えていく・・・・そういうバラって他に無いじゃないですか。スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin作出者はスペインの天才・ペドロドット氏。訳あって作出品種数は極端に少ないんですが、このバラだけを見ててもホント天才だったんだと甚く納得してしまう・・・・だって有り得ないくらいに美しいんですから。で、この方の経歴を見てて実はハッとしたんですが・・・・・この方、もしや?と。

【あとりえTistou】の、Tistouっていうのは、【緑の指】っていうフランスの児童書に出てくる男の子の名前(呼び名)なんですよね。私の子供の頃からの愛読書で。それでその子には庭師の師匠がいるんですけども、その庭師のモデルになった人物が多分ペドロドット氏なのではないかと・・・・いえ、むかぁ~し昔、どっかで読み齧ったような気がするんです。あの庭師のおじいちゃんにはモデルになった実在の方がいらっしゃるという話。時代的にも一致しますし、何より『内戦によって大事な庭を焼き払われた』という過去が。ペドロドット氏作出のバラが希少なのはその為です。このスパニッシュビューティーは辛うじてその命を繋ぎ留めた品種。
もちろん違うかもしれません。でも。そんな逸話に想いを馳せながらこのスパニッシュビューティーを見上げると、尚一層、心がギュウ!としてしまうのです。
スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin

スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin↑の右側はショウキウツギ  ‘ピンククラウド’  ↓の山吹色の蕾はアルキミスト

スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelinあえて短所をあげれば、花後にうどんこ病に罹りやすいので注意が必要ってことくらいかな。でも基本的には丈夫で、育てやすいバラだと思います。植えつけて2,3年は、「…ん?」って思うくらいおとなしいですが、数年後にはきっと素晴らしい景観を魅せてくれるでしょう。それと早咲きなので、当地では梅雨前の一番お天気が続く時期に咲いてくれるのも高ポイント。青空に映える、すこやかで美しいバラです。

スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelinあ、それと備考として。花弁がヒラヒラ散って咲き終わるので花殻摘み(切り戻し)はかなりアバウトになるんですが(そこがまたいい!)そうすると秋には洋梨形の大きなヒップが実ります。実をつけると株が弱るとはいいますが、成株なら少し位は問題ないみたいですヨ。スパニッシュ ビューティー Spanish Beauty マダム グレゴワール シュテーヘリン Mme.Gregoire Staechelin