グラースアンアーヘン/ホワイト…

カテゴリー|

グラースアンアーヘン Gruss an Aachen
作出:1909年/ドイツ
樹形:半横張性ブッシュ(高さ・幅共に130くらい)
花期:若干早咲・繰り返し
花径:中大輪
交配 :Frau Karl Druschki × Franz Deegen
備考:『我が町アーヘンへの挨拶』の意

アーリーフロリバンダとも分類される100年以上も昔の品種。ですが強健で育てやすく、星の数程ある最新品種と取り混ぜても何の遜色もない、特A級のバラです。アトリエ真正面のフロントガーデン最前列に鎮座ましましているのは伊達じゃありません。グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン
若干早咲きですが、これだけ蕾があるので花期は充分に長く、中咲品種とも重なります。枝振りもまとまりがよくて育てやすいバラ。ファーストローズとしてもおすすめ出来ます。グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン蕾から咲き始め~そして咲き終わりまで、どのステージも言葉ではとても表現しきれない程に繊細で優美。フロリバンダという系統が確立される以前の品種で、オールドローズに分類されることすらあるみたいですが、既に最高峰と言わんばかりな完成度を誇ります。グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェンっていうか片親が名花フラウ カール ドルシュキなんだから、そりゃ本物の美貌でしょうよww グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン経年のうちに半ばシュラブ化して、標準的なシュラブローズ(バレリーナとかメアリーローズとか)程度のボリュームが出ます。ただし成木になるとベーサルシュートは出難くなるので、うちにある一株はスタンダード状態になってます。グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン
開花時の気象条件にかなり影響されるみたいで、日照時間が長くて暖かい年ならもっとピンクが強く出ます。寒い年の一番花はホワイト~と違わない位だったり。
グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン

⇧が、スタンダードローズになってる(なっちゃった)株の全景。横張性の枝振りですが、ブッシュ状に茂ってまとまりはいいです。暴れる感じではありません。

秋バラは春以上に白バラっぽい感じになります。逆に夏花は真っピンクだったりして、ついギョッとしてしまうんですが(笑)。それと・・・・黒斑はお気になさらず~。だって秋だもん♪ 魅せる為の春夏に対して、秋はあるがままの美しさ。

*****************************
ホワイト グラース アン アーヘン White Gruss an Aachen
作出:1942年/オランダ
備考:枝変わり種。花色以外のスペックは同じ。

微妙にピンク味が抜けてて、咲ききった状態で、ほぼ白バラ。但し純白というより練乳ミルク。グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン

グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン ホワイト white

グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン ホワイト white

グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン ホワイト white

グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン ホワイト white
このフンワリ感♪ ゆったり優雅に咲ききっても尚、花芯が見えません。
グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン ホワイト white

グラース アン アーヘン Gruss an Aachen グラス アーフェン ホワイト white
ベージュと藤色の絶妙な色合いで咲いてるのは、ディスタントドラムス。奥の白い小輪はロサオドラータ。3品種とも早咲きの部類なので、⇧は例年だと6月あたまの景色です。