マーガレット メリル

カテゴリー|

マーガレットメリル Margaret Merrill
作出:1977年/ハークネス(英)
樹形:半直立性ブッシュ
花期:中咲・繰り返し
花径:大輪
交配:(RudolphTimm×Dedication)× Pascali

白のフロリバンダとしてはアイスバーグと双璧をなすとされる完成度。一般的な木立バラの栽培方法で、ほぼ間違いなく美しく育つ強健種。HT系と並べて植えても見劣りしません。
咲き始めは純白ではなく、わずかにクリームピンクがかっていて、

咲ききると花弁はヒラヒラと波立ち赤芯が映えて艶やかな美女。芳香種。
マーガレット メリル Margaret Merrill調子がよければかなり大型化しますが、ここ最近は120~140止まりかな。

⇧⇩の隣はイザベル ルネッサンス。どちらも立性のブッシュなので、ガーデン内に並び立つとトラディショナルな雰囲気になります。シュラブローズによるロマンティックなナチュラルガーデンも大好きですが、こういうのもバラらしい格調を感じるので気に入ってます。
⇧いろいろ写ってますけど多分気になるのは・・・・左下端ですよね? ゼノビア(スズランの木)です。それから背後はツルアジサイ⇩ 甘ぁ~い香りが一帯に漂ってます。ついでに右端のフワフワッとした白いのは散り斑のオニシモツケ。
マーガレット メリル Margaret Merrill ハークネス バラ限られたスペースで正統派の庭を望むならハークネスのバラ・・・・って、ジャクリーヌデュプレを除いてね(笑)。お顔だけなら似てますけれども置き換えは不可。