ウィリアム モーリス

カテゴリー|

ウィリアム モーリス William Morris
作出:1998年/オースチン(英)
樹形:大型・半横張性シュラブ(樹高横幅共に140㎝くらい)
花期:中咲・繰り返し
花径:中輪
交配: Abraham Darby × 実生
備考:イギリスの詩人で、モダンデザインの父に因む。

樹全体のサイズ感としてはグラハムトーマスヘリテージよりやや小さい位で、横張り気味に奔放な枝振り。房咲で花数が多い為に全体の花期は長いです。が、後に咲いたものの花径は小さくなりがち。個人的には、枝振りの雰囲気と相まって小振りのほうが好みなんですけどねwwイングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris

イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris

イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris
⇧⇩は一番花の咲き始め。この段階なら中大輪以上に分類するべきかもしれませんが。
イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris

イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris

イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris

イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris⇧⇩では背景で西洋梅花ウツギのベルエトワールが咲いてますから、庭全体のバラも遅咲き品種がメインになってます。ですが、まだまだ頑張る。但しそんな訳で花径はかなり小振りに。でも私にとっては、こっからがウィリアムモーリスwwイングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris

イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris⇧のステムのくねくねは、開花中に何度か雨を被った傷痕(笑) 派手なクレマはナデツダ。イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morrisこうしてみるとやっぱり花期は長いですね。⇧ではジャーマンアイリスと一緒だし、⇩では強剪定系のクレマ(ジャックマニーアルバ)と一緒だし。早咲き品種と遅咲き品種、それぞれにかなり重なってる感じ。もちろん一輪だけならすぐにサラッと散っちゃうイングリッシュローズの典型なんですが、これぞ房咲品種の強みってトコロですね。イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris奔放な枝振りな上に俯いて咲くので『暴れる』って評されやすいですが、『思い通りにしよう』とするから『暴れる』んだと思う。どうすれば一番美しい姿か、一番よく知ってるのはいつだってご本人様。(そのかわり冬季はガッツリ切り詰めます♪)イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris個人的にはこういう風情が大好物♪  サポートを入れるなら花の咲く前から予め。咲き乱れてから支柱を入れると自然な美しさは一気に失われます。イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris

イングリッシュローズ ウィリアム モーリス William Morris⇧は、終焉の頃。『あぁもうすぐ夏だぁ~』って風情です。ウィリアムモーリスの花も随分小っちゃくなっちゃってるの解ります? 肥料等を調整すれば何とかなるかもしれませんが、このコばっかり面倒見てる訳にもいかないんで、こんなもんだと割り切ってます(笑)。