カインダ ブルー

カテゴリー|

カインダ ブルー Kinda Blue
作出:2015年/コルデス(独)
樹形:観察中
花期:かなり遅咲き・繰り返し
花径:大輪
備考:『なんとなく、もの憂い気分…』だそうな。

ノヴァーリス同様、当庭では2,3年前に植えたばっかの新人なんで、本来はまだ詳記するべきではないのでしょうが、生育が余りに見事なので・・・・カインダ ブルー Kinda Blue コルデス Kordes

カインダ ブルー Kinda Blue コルデス Kordesっていうか、このつぼみの数、どうかしてる・・・(笑)。カインダ ブルー Kinda Blue コルデス Kordes

カインダ ブルー Kinda Blue コルデス Kordes・・・・なんだこれ。若株の風情じゃないじゃん。しかもここまで濃い色味の紫系は今まで見た事ないし。ちなみに余談としてですが・・・・私自身、購入する時の顔写真ではどうにも掴み切れなかった品種の個性についてを、補記しておきます。

ノヴァーリスとカインダブルーの違い】
まずは風情。ノヴァーリスがフワッと儚げでたおやかな淑女っぽい感じで、カインダブルーは豊満で艶っぽくて何処か不機嫌そうな美女(はいぃ?) も少し伝わりやすく言うなら、ノヴァ―リスはイングリッシュローズ的にエレガントな風情で、カインダブルーはピエールドロンサール的なアンティーク風あるいはラグジュアリーな感じ。(だから伝わらないってば)

次に花期。どちらも遅咲きですが、特にカインダブルーはドロシーパーキンス岳の夢なみの最遅グループに属します。(ヘタしたらクリムゾンシャワーと遭遇してるかも・・・)
要するに、アイスバーグピエールドロンサールやイングリッシュローズの大半が咲き終わった頃にノヴァ―リスが咲き始め、そこから更に数日経ってからカインダブルーがおもむろに咲き始める・・・そういう感じ。
なので他のバラとのコラボを狙うならノヴァーリスのほうが選択肢の幅はありそう。カインダブルーはバラ期のピリオドを打つバラ。

またこの2品種を両方庭に植える場合は、並べてしまうより、それぞれの持ち味を生かしてあげたほうが良い気がします。上記のような個性の違いはありますが、それがコントラストとして互いを引き立て合うような、そういう感じではありません。なんていうのかな・・・・微妙な違和感? まぁ、ブルーローズのコレクションガーデンであれば事情は違うでしょうが・・・・・・って、あ、でもその場合は他の繊細なブルーローズ様方とは分けたほうがいいかも。だってこの方達の樹の逞しさ、マジで半端ないっすよ(笑)? 並のフロリバンダでは太刀打ち出来ない程のボリュームが出ますゆえ。