ラプソディ イン ブルー

カテゴリー|

ラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei
作出:1999年/イギリス
樹形:半直立性シュラブ
花期:若干早咲・繰り返し
花径:中輪
交配:Summer Wine × {International Herald Tribune × [(Blue Moon × Montezuma) × (Violacea × Montezuma)]}
備考:ガーシュウィンの名曲に因む。

とにかく素晴らしい色。一度見たら、あとは見紛う術もない。咲き始めから咲き終わりまでの時間経過によるグラデーションも絶品。
丈夫で育てやすく、そして扱いやすい品種。よく茂るので株の横張はそれなりに出ますが、基本的には直立性と考えていいと思います。
夏以降、ベーサルも含めて半つる状のシュートが多数伸びるので(大体2M前後くらいかな)ツルバラ扱いも充分に出来そうですが、うちでは切り詰めてブッシュ仕立てにしています。そのほうが花房が大きくなって花期が長くなると感じてますので。
ラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラ
⇧は咲き始めの頃。ジャーマンアイリス(花期5月下旬~6月初旬)が御伴。
そして⇩では花菖蒲(花期7月上旬)が御伴。こっちは2番花というか咲き遅れというか。
多花性で一番花の満開真っ最中から既に次の花房(蕾)が止め処なく上がってくるような状態なので、本来は早咲きなんですが、こんな感じで遅咲き品種の頃まで楽しむことが出来てます。
※ジャーマンアイリスと花菖蒲を混植させてるのにギョッとなさった方もいらっしゃるとは思いますが(実際はバラを挟んで両側)少なくとも6~7年以上はこんな感じで栽培出来てるので大丈夫ってコトなんでしょう・・・・そりゃあ『素人の怖いモノ無しって凄いなぁ~』とかとは、我ながら思っていますけれども(笑)。
ラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラ

ラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラ
⇧は咲き始めの頃。背後の壁では早咲きのスパニッシュビューティーが見頃。隣のピエールドロンサールはまだ花弁を僅かに覗かせたつぼみ。左隣は極遅咲き大輪のカインダブルーが小さな蕾をみせたばかり。
で、⇩はそれから数日後。俄かに華やいできました。手前の赤はキアンティ。左隣奥の赤はバロンジロードゥランラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラ
冬季剪定さえしとけば、生育期は御本人がギュッと引き締まった縦長のシュラブを自ら形成し(⇧の時点で樹高120~130㎝くらい。ちなみにこれは何のサポートも入ってない状態)花期も樹姿が乱れて困るなんてことは一切ありません。前述の通り一番花以降は多数のシュートが茂っていきますが、どれも確実に上を目指して伸びていくので、ハタ迷惑な感じ(…笑)にはならないと思います。ラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラ

ラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラ
⇧奥はロザリュームウェーターセン ⇩はさっきのキアンティラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラひとつの株で別角度。いろんなコラボを楽しんでます。 ⇧⇩で画面中央あたりにピョンと飛び出ちゃった一枝が目印になってるの変わります?
ラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラもちろん同じ角度でも時間帯によって表情は変わる⇧⇩  庭はこれだから楽しい♪
手前はラベンダードリーム。奥はサラヴァンフリートコーネリアと・・・その他モロモロ。ラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラ
⇩の背景はロサ グラウカラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラ⇧⇩ピンクはパレード。⇩左奥はクラウンプリンセスマルガリータラプソディ イン ブルー Rhapsody in Bluei バラ